便利さを活かすために

店頭に赴かずとも利用可能なキャッシングサービスとしては、インターネットでの融資申し込みが真っ先に思い浮かびますが、それはあくまで「申し込み」のお話です。

私達が何らかの理由で消費者金融業者から現金を一時的に借り入れる必要が生じた以上、必要な金額を手にしてこそ、サービスを利用したメリットを確認できます。近所に指定口座の銀行の支店やATMが見当たらないとなれば、単に口座残高が増えた「だけ」のために、利息を負担した結果となってしまいます。

インターネットの普及で「何でもできる」と錯覚し、こうした状況に陥られてしまっては本末転倒です。

こうしたロスを回避する意味でも、銀行のATM機能を兼ね備えたコンビニで利用可能な業者の選択がおすすめです。

コンビニは基本24時間営業で全国各地に系列店が点在しており、自身の生活圏内もしくは移動道中での利用が可能です。

ただし利用に際しては、既にその消費者金融の会員、すなわち利用歴がある、過去延滞などを生じさせていない、利用可能金額に余裕が残っているなど、幾つかの条件を満たす必要があります。これまで利用歴を持たない消費者金融の融資サービスは、いきなりコンビニに足を運んでも利用不可ですのでご注意ください。

関連記事:ライフスタイルと借入